HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+LOGIN
| main | -対談- 藤田登太郎『桃山志野現代に焼く』 >>
藤田登太郎 作品集『桃山志野現代に焼く』

 

 

 

 

(サイズ) 30cm×30cm

 

■ 志野茶碗 ( 藤田登太郎 撮影 ) が 90碗カラー掲載されております。
■ 各お茶碗に藤田登太郎オリジナルの和歌が詠まれております。
■ 2006年3月 出版
■ 革装丁〔 革カバー・箱入り 〕
■ 300部限定

 

 

 

作品集『桃山志野現代に焼く』のご出版にあたられては随分とご苦労を重ねられたとお聞きしていますが、その中でも一番ご苦労をなさったのはどういった点だったのでしょう。

 

何もかもが初めてのことで構想から5年、6年は経っていました。試行錯誤の末、見本となる一冊を作ってしまったほどです。なかでも一番時間を費やしたのは志野茶碗90点の写真撮影でした。最初、プロで活躍中の友人に撮影依頼をしましたところ「登太郎さんの写真はワンカット10万円でもイヤだ。」と断られてしまいました。長年の付き合いなので、拘りだしたらキリがないことを知っていたからでしょう。

 

写真撮影のどのようなところに一番時間がかかったのですか。そして、その見どころとはどのようなところですか。

 

志野茶碗のもつ雰囲気を一番大切に、そして自然な形で表現したかったので、それぞれの茶碗を様々な場所や時間帯で撮影しました。自然光の入り方や角度を替えて一碗に何十枚も撮影し、その中から厳選しました。紙の種類やプリンターによっても微妙に色が違うことが分かったので、何社ものメーカーのものを取り寄せて使い分けました。そのプリンターも使い過ぎて何台も壊してしまったほどです。作業を全部終了し、いよいよ印刷所へ送る準備を終えた後も、一晩寝ると気になる箇所が次々と出てきてまた初めからやり直したという経緯もあります。印刷後の雰囲気も気になったので、愛媛県から長野県の印刷所までわざわざ志野茶碗を持って出向き、いろいろ指示させていただきました。一生のうちに何冊も作れるものではないと思い、ペーパーの質や色、爪にまで拘りました。装丁に使用する革も自分で探し、その革装丁に印字している「桃山志野現代に焼く」も通常では使用しないという二十四金の箔を使用してもらいました。

 

■上文を含みます全文はコチラからご覧ください。


※ 藤田登太郎の作品集『桃山志野現代に焼く』に掲載の志野茶碗は、正木美術館(大阪府泉北郡忠岡町)様へ順次お預けしていくことになっておりますので、正木美術館様でもご覧いただく機会があるかもしれません。

| 11:08 |